いっくんBOOKS

いっくんとかーかーちゃんのパワーリーディング(超読み聞かせ)実践ブログ

もしもおにいちゃんになるとして…

 

ちょっとだけ (こどものとも絵本)

ちょっとだけ (こどものとも絵本)

瀧村 有子 (著) 鈴木 永子 (イラスト) 福音館書店

 

きゅん、となる絵本。

いっくんは「だっこして!」ほしくなるようです。

「ちょっとだけ?いっぱいだっこしていいですか?」

「いいですよ!!!」

なんどこのやりとりをしたことか…!

 

『ちょっとだけ』がきっかけで、

いっくんはひとりっこだけど、下にもし生まれたら…?

と想像してみるために、そういうテーマの絵本をピックアップ

 

↓↓↓

 

おねえさんになるひ

おねえさんになるひ

ローレンス アンホルト (著) キャサリン アンホルト (イラスト) 徳間書店

 

 

あなたってほんとにしあわせね!

あなたってほんとにしあわせね!

キャスリーン アンホールト (著) 星川 菜津代 (翻訳) 童話館

 

 

あかちゃんてね

あかちゃんてね

星川 ひろ子 (著) 星川 治雄 (著) 小学館

 

写真絵本。あかちゃんもおねえちゃんも可愛いんだなぁ、これが。

どんどん大きくなる赤ちゃんとおねえちゃんの気持ち。

実際の赤ちゃんの成長が目で追えていっくんも興味津々でした。

 

しかしこういうタイプの絵本は「おねえちゃん」になる、

女の子が主人公なことがほとんどなのはなぜなのだろう? 

 

広告を非表示にする